2017年09月06日

柱脚の製品検査を行いました

8/31に木柱を受ける柱脚の検査を行いました。
製作してもらっている工場に出向いての外観、寸法等の検査です。


こちらが柱脚の写真です。
筒状の鋼材に柱を落としこむ形になります。

construction-8.JPG




直径は130mm、パイプではなく中心まで密につまった鋼材です。
検査は問題なく、これから錆止めのメッキ工程を経て10月の建方に向けて現場に搬入されます。

construction-9.JPG




この日は下水道の接続工事や分署棟、訓練塔の基礎配筋検査も行いました。
こちらは下水道が埋まっている道路の掘削をしている写真です。

construction-7.JPG




こちらは基礎の配筋検査をしている写真です。
ピット部分のみですが、今回は1800mm程度の基礎梁せいがあります。

construction-10.JPG




現在、10月から始まる建方に向けて躯体図のチェックやカラースキームの確認を行っています。
木躯体の柱、梁のカットサンプルが届く予定ですので、次回はその様子を記事にします。


sasaki/SALHAUS
posted by SALHAUS at 11:55| Comment(0) | construction

2017年08月25日

分署棟の基礎が見えてきました。

分署棟の基礎掘削と配筋作業が進み、本日、基礎の第一回目の打設を行いました。

一枚目の写真は、8/25現在の敷地の様子です。
分署棟と訓練塔棟の基礎工事が進行中です。
側溝の敷設も2/3程度終わり、外構の輪郭がはっきりしてきました。

costruction-3.JPG



打設した底盤の様子です。
お盆休み前後はずっと雨か曇りでしたので、晴天の中、一回目の打設ができてほっとしております。

costruction-5.JPG



訓練塔棟の基礎配筋の様子です。
分署棟側と訓練塔棟の建つ駐車場側にて1m程のレベル差があるので、すこし見下ろした写真になります。

costruction-4.JPG



来週は柱を受ける鉄骨柱脚の検査がありますのでその様子をお伝えしていきます。



sasaki/SALHAUS
posted by SALHAUS at 18:36| Comment(0) | construction

2017年08月18日

安全祈願祭を行いました。

住田分署の新築工事が始まりましたので、工事の様子を発信していきます。

まずは7月7日に行った安全祈願祭の様子です。
住田町の住民、役場、分署職員の方々、工事関係者が出席し、皆で工事の安全を願いました。

costruction-1.JPG



二枚目の写真は7/21の敷地のドローン写真です。
駐車場に設置される防火水槽を据え付けているところです。
敷地外周の側溝が敷設され始め、建物の縄張りも済んだので、建物の大きさがおおまかに見えてきました。

costruction-2.JPG



ちなみに完成予想はこの様になります。
左から分署棟、訓練塔棟、資機材庫棟の3棟が敷地内に計画されています。

costruction-6.jpg



今回は高田東中のある陸前高田とは違い、海はありませんが、山に囲まれた緑が綺麗な風景が広がっています。
2018年3月に竣工予定の工事ですので、短い期間ですがどうぞお付き合い下さい。
よろしくお願いします。

sasaki/SALHAUS

posted by SALHAUS at 17:53| Comment(0) | construction